Blog Detail

人間の最低限の義務

06 10月 14
AB
No Comments

困難で大変な、犬たちにとっては長い長い10年を、せめて快適に過ごさせるのは、盲導犬たちから多大な恩恵を受ける人間の最低限の義務だろうが。

そんな恩義も忘れて盲導犬を虐待する忘恩の徒なんぞ、人間じゃねーわ。生きてる価値ないだろ。

まあでも、なんつーか、うちの近所に住んでるらしい、半年に1回くらい帰りのバスで乗り合わせる白杖持ちも、杖でそこらの人らに殴りかかって、バス待ち列の先頭に割りこみするわ、列の先頭で乗れかなったときは車内で白杖ブン回して席を開けろと強要するわ、誰かが席を空けてくれても、お礼を言うどころか「おせーんだよ、クズが!死ね!なんなら殺してやろうか!」ってヤクザなみの本気でスゴんでくるし、極悪なんだよなー。

なんせ障害者様には、マスゴミと弁護士がバックについてるから、健常者は何をされても泣き寝入りだしね、それを知りつくした上での暴力行為なんだろうな。

あんな奴がもし盲導犬を貸与されたら、どう扱うかは目に見えてるなあ。

全部の障害者が、とは言いたくないけど、うちの妹がOL時代に会社の半強制的ボランティア活動で関わった障害者連中も、

「自分たちは天使で、健常者の汚い心を浄化するために地上にわざわざ降りて来てやったんだから、そんな天使様に健常者が逆らうとか許されない」