Blog Detail

残っていたのが

04 11月 14
AB
No Comments

入社したら、1ヶ月の研修の後でそれなりに大きな町に赴任になるってことでした。その会社さんとしても、中国としても完全に新規の事業で従来中国にはなかったサービスを提供するという、かなりチャレンジングな計画でした。

その時点で今の会社に内定を頂いていたんですけど、給料面でもかなり魅力的な条件で、正直言って面接の前まではそれまでと全く畑違いということもあってあんまり乗り気じゃなかったんですけど、かなり心動かされました。

なので複数の紹介会社さんに登録していて、その中で信頼できるコンサルさんに相談したんです。で、その中のあるコンサルさんがある程度調べてくださったんですけど「上場企業なのに平均勤続年数4年ですよ…」とのことでした。実はその会社さんはその時に働いていた会社でおいらが担当としてお付き合いのある会社さんだったんですけど、確かに3年くらいで10人くらいにお会いして、その時点で残っていたのが1人だけという状態でした。そう言えば辞められた方もかなり不満を客であるおいらにも漏らして辞めて行ったなぁというのも思い出しました。要は「取る」という決断も早いけど「要らん」という決断も早い会社さんなんだなぁと思いました。