Blog Detail

咀嚼

24 4月 17
AB
No Comments

下腹部の疼痛を起こす病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患などがまず挙がります。
食事という行為は、次に食べようと思った物をなんとなく口に入れたら何度か咀嚼して嚥下して終わりだが、それから人体は本当によく活動し続けて異物を身体に取り込むよう励んでいる。
不整脈である期外収縮は、病気でなくても発生することがあるため重大な病ではありませんが、発作が幾度も続いて発生するケースは楽観視できないといえます。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く酵素や、細胞・組織の交替に必要な酵素など、約200種類以上も存在する酵素の構成物質となるミネラルの一つです。
様々な花粉症の症状(鼻みず、鼻づまり、クシャミ等)のために夜間よく眠れない場合、それが主因で睡眠不足の状態に陥り、翌朝起きてからの行動性に良くないダメージを与えるかもしれないのです。
演奏会やライブなどの施設やクラブなどに設置されているものすごく大きなスピーカーのすぐ脇で大音量を聞いて耳が遠くなることを「急性音響性聴器障害」と言っているのです。
明るくない場所では光不足によってものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに不必要なパワーがかかってしまい、結果的に明るい所でものを見るより疲労が大きいと言えます。
バイク事故や山での転落など、強大な負荷が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が生じてしまったり、開放骨折に至ったり、酷い時は内臓破裂することもままあります。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という名称で、かびの一種の白癬菌が股部や陰嚢、臀部などの場所にうつり、定着する病気のことであり簡単に言うと水虫です。
痩身目的でカロリー摂取を抑制する、食べる量が少ない、などの食生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘発する事は、多くの医師が危惧されているのです。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格のない方にも使う事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの通りに扱うことで、心室細動に対する応急処置の効果をみせてくれます。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の被害者の追跡調査の結果では、大人に比べて体の小さい未成年のほうが漏れた放射能の害をより受けやすいことが明らかになります。
日本における結核への対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に準拠してなされてきましたが、56年後の2007年からその他の感染症と一括りにして「感染症新法」に従って実行されることになったのです。
針を患部に刺す、という物体的な程よい無数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという名のいわば電気信号の化学伝達をもたらすと言われているようです。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害なUV-Aの著しい浴び過ぎが肌に健康障害を招く可能性が高いとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を主に先進国に喚起しています。