Blog Detail

丈夫

06 5月 17
AB
No Comments

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)にある血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことによって、残念なことに膵臓からほぼインスリンが出なくなり発病してしまうというタイプの糖尿病なのです。
環状紅斑とは環状、所謂まるい形状の真紅色の発疹や鱗屑など、皮ふの病気の総合的な病名であって、理由は非常にいろいろです。
グラスファイバー製ギプスは、丈夫で軽い上に耐久性があって、水に濡れても壊れずに使用できるというメリットがあり、現代のギプスの人気製品だと言っても過言ではありません。
HIV、つまりエイズウイルスを含んでいる血液や精液の他、女性の母乳や腟分泌液といった様々な体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜部分などに触れることで、HIVに感染する可能性が高くなります。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度以上の高熱も出るのが見分けるポイントです。
鍼灸の鍼を気になる所に刺してもらう、という直接的な程よい幾多の刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスと呼ばれる電気信号の化学伝達を発生させるという見方が浸透しています。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康でも発生することがあるのでさほど逼迫した心臓病ではありませんが、発作が数回に渡って続いて発生する場合は危ないといえます。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けることができるのです。
現在、比較的若い世代で感染症の一種である結核に対抗するだけの抵抗力、即ち免疫力を保有していない人々が増えたことや、診断が遅れることなどに縁るアウトブレイク・院内感染が増加しているようです。
お年を召した方や慢性的な疾患を患っている方は、目立って肺炎を発病しやすく治るのに時間がかかる傾向にあるため、予防策の実施やスピーディな治療が肝要です。
薬やアルコール、化学的な食品添加物等を分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼び、肝臓が果たす非常に重要な仕事のひとつであることは間違いありません。
平成17年2月以後新しく全ての特定保健用食品の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促すフレーズのプリントが義務となった。
肝臓を健やかな状態に維持するためには、肝臓の解毒する力が下がらないようにすること、即ち、肝臓のアンチエイジング術を開始することが重要だと思われます。
自分では骨折したかどうかよく分からない時は、違和感の残る所にある骨を優しく指で突いてみて、その部分に強い痛みを感じたら骨が折れているかもしれません。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果において、大人よりも若い子供のほうが飛散した放射能の悪い影響を受けやすくなっていることが判明しています。