Blog Detail

応急処置

26 5月 17
AB
No Comments

年々患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、気分の落ち込み、なかなか抜けない疲労感、食欲不振、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの辛い症状が現れるのです。
軽傷の捻挫だと決め込んでしまい、湿布をして包帯やテーピングで患部を固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置をしてからスピーディに整形外科医に診察してもらうことが、早く完治させる近道に繋がるのです。
30〜39才までの間に更年期が来たとすれば、医学用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という病気のことを指します(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早期閉経」と呼ぶのです)。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置としては大体「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術」の二つの異なる手術が一般的に採用されています。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあって緩衝材に近い役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名称の円形の組織が飛び出た様子のことを表しています。
上が140以上の高血圧になると、血管に強い負担がかかった結果、全身至る所の色んな血管にトラブルが発生して、合併症を併発するパーセンテージが高くなると言われています。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保有しない一般人でも使える医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスに沿って利用することで、心臓の心室細動に対する応急処置の効果を与えます。
アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が切れてから4週間後、市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に替わるクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は各国で浸透しているのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、つまりは輪っかのような円い形をした紅色の湿疹や鱗屑など、皮ふのトラブルの総称であって、その原因はまさしく多種多彩だといえるでしょう。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を有している血液や精液、腟分泌液、母乳、唾液といったあらゆる体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れた場合、HIV感染の可能性があるのです。
はりを体に刺してもらう、という物理的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスと言われる要は電気信号伝達を引き起こすという見解が広まっています。
筋緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首凝りが原因の慢性頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛み」「重くてたまらない鈍い痛み」と言われることが多いようです。
ストレスがかかり、溜まっていく論理や、手軽で効果的なストレス緩和策など、ストレスの深い知識を勉強している人は、現時点ではまだ多くないようです。
食事の際は、食べ物を気軽に口に入れたら何度か噛んで飲み下すだけに思われがちだが、その後も体は実にまめに活動し続けて食物を身体に取り入れるよう励んでいる。
自分で外から観察しただけでは骨折しているかどうか区別がつかない時は、ケガをしてしまった部位にある骨をそっと指で圧してみて、もしそこに強烈な痛みを感じたら恐らく骨折だと思われます。